×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×幸せホルモン・・

幸せホルモン・・


癒し・・癒され・・支え合い・・強い絆で結ばれる・・

遥か太古の時代から共に歩んできた理由がわかった気がした


続きを読む
スポンサーサイト

×血尿・・(ToT)

昨日の朝、またまたシッコが出なくなり、久々の膀胱満タン状態に
大吉も困り顔でオロオロ・・心なしか元気も無い。。。
で、導尿してみると、かなり激しく血尿です。(涙)
ワタクシ、温灸効果でシッコの出が良くなって調子に乗っておりました・・・これだけ出ていれば大丈夫だろうと導尿を見送っていました。
シッコ量、確かに温灸し始める前と後では3~4倍くらい増えてはいたものの、同じ水分量を取っているもりぞーと比べるとやっぱり少なくて・・、出し切れていなかったのでしょう。
膀胱炎を起こしてしまったようです。

ちょうど昨日は病院へ行く日だったので、いつもの薬プラス膀胱炎用の抗生剤と止血剤を頂いてきました。
導尿も、シッコの出が良さ気な時は毎日じゃなくていいけど、1日おきくらいでやってあげようか・・ということになりました。
今日はまた元通りシッコも出ていて、ホッとひと安心。
でも、大吉を辛い目に会わせてしまったことは大反省です。

それにしても、血尿ってシッコ臭を全く感じさせないほど生ぐさいのですね・・何ともイヤ~な匂い初めて嗅ぎました。(苦笑)

20080818-2.jpg


(mixi日記より)

×ニューファン記念日・・

運命の・・


あの日の奇跡の巡り逢わせに感謝します。。。


続きを読む

×温灸・・

少し前にニューファン仲間でもあり老犬介護の先輩でもある友人に、「試してみる?」と言われて譲ってもらった『びわの葉温灸』。
その頃はまだ大吉の病気は発覚していなかったので、股関節の痛み用に・・と送ってもらいました。
夏真っ盛りな時期に更に体を温めるお灸はいかがなものか・・と思い、もうちょっとだけ涼しくなってから始めようと、大事にしまってありました。

で、ここ数日の北海道、最高気温が25度を超えることもなく、暑さもひと段落ついたようなのでそろそろ始めてみようかな・・と。
その前に、何となくでもいいから体のツボを知りたいな・・とネットで見てまわっていたら、な・なんとっ!びわの葉は『ガンの妙薬』として知られているらしいのです!!
びわの葉に含まれる成分が癌細胞だけを攻撃して腫瘍を小さくするらしいのだそう。

これはやるしかないでしょぉぉ!!!>▽<
ってか、何故もっと早くにしなかったのか・・私のバカバカバカァァ~~!((o(>皿<)o))

ということで、昨夜早速やってみました。
膀胱の中の癌細胞が小さく小さくなってツルンとキレイな膀胱&尿道になるイメージを込めながら(笑)じっくり温めましたよ。
温灸中、気持ちが良いのか大吉は大イビキ。。。
温灸後もグ~グ~気持ち良さ気に眠り続けていたので、導尿も済ませた後だったしそのまま就寝です。

で、その翌日の今日なのですが、ウンニョが大量に2回も出ました♪(←これは、昨日お腹を温めたのだから腸の働きが活発になって当然と言えば当然か・・)
そしてそして!シッコの出が朝からずっと快調なのですよっ♪♪(>▽<)
出てくるシッコの太さが違うの!(喜)
これって、温灸効果???・・ただの偶然???・・私の気の迷い???
所詮民間療法の域を出るものではないのかもしれないけど、もう他に頼るのものも無いのだから、これは毎日続けるしかないでしょ・・。(*≧m≦*)ププッ
信じる者は、もしかしたら救われるかもしれない・・・☆
どっちにしても、成す術もなくふさいでいるより、良いイメージを持って何か行動を起こしたほうが大吉のココロにも絶対いいはず!

とりあえず、今夜もぽかぽか温灸施します♪♪♪


20080814-1.jpg


(mixi日記より)

×これから・・

先生と話し合った結果、手術も抗がん剤治療もせずに腫瘍を大きくさせないと言われている薬(消炎鎮痛系)の服用と導尿でやっていくことにしました。
消炎鎮痛系の薬は副作用として胃を荒らしてしまうので、それを緩和する薬も一緒に飲んでいきますが、そのうち飲ませられなくなるかも・・、導尿ももっともっと腫瘍が大きくなったら難しくなるかもしれない・・、でもそれはそうなった時に考えましょうと言われ、まず家でも出来るようにと導尿のやり方を教わってきました。
病院でも導尿してもらったのですが、1200mlも溜まってました・・よって体重も導尿前に計ったときより1.2kg減り、大吉の体重はついに40kgをきってしまいました。(T_T)

怖くて余命のことは聞けずにいたけれど、先生の言葉の端々から1年とか2年とか年単位ではないことだけはわかりました。
もしかしたら、最終的に安楽死という道も有り得るとのこと。
今からそんなことを考えるなんて酷い飼い主だと思われるかもしれませんが、その頃私達夫婦にはきっと冷静な決断が出来なくなっていると思われるので、獣医の立場から見てその時がきたと思ったら助言して欲しいということを伝えてきました。


先のことを思うと怖いけど・・始まったばかりで心が不安でいっぱいだけど、大丈夫です・・ちゃんと受け入れられてます。
不思議な程冷静に、今私がすべきことは何なのかを考えられます。
今すべきことは、凹んだり悲しんだりすることじゃなく、必要な情報を得て美味しくて体のためになるご飯を作ること・・1日1回導尿してスッキリさせてあげること・・そして出来るだけ一緒に居てあげること。
私の感情(機嫌)に異常に敏感な大吉なので、ここからは笑顔で暮らそう・・そう誓いました。
だから、泣きごと言いたくなったら、ここでだけ泣かせてもらっちゃいますね。ToT

やっと・・やっとこうして文章にすることが出来ました。
嫌な報告になってしまってごめんなさい。。。お付き合いありがとです。<(_ _)>

20080812-1.jpg


(mixi日記より)

×告知・・

結果です。。。
病院で尿検査とエコーをした結果、大吉の膀胱内(ちょうど尿道に続く部位)に腫瘍が見つかりました。

先生からの説明
 ・膀胱内(尿道内)で目に見える腫瘍が見つかった場合、すでに中全体に
  広がってしまっていること
 ・エコーで見る限り膀胱壁が比較的キレイなので尿道の方から来ているのかも
  しれないこと(尿道自体は骨盤が邪魔でエコーでは見れませんでした)
 ・排尿困難は腫瘍が邪魔していたせいだろうけど、完全に尿道を塞いでいる
  わけではないので、出たり出なかったりしていたのではないか・・
 ・患部細胞を取って調べたわけじゃないのでハッキリとは言えないが
  おそらく悪性であること(ネットで調べたら膀胱腫瘍は90~97%が
  悪性で、発見時には50%が転移しているというデータがありました)
 ・手術で腫瘍を取り除くことも出来るが、おそらく膀胱(or尿道)全体に
  広がっているので完全に取りきることは無理・・邪魔な腫瘍を取り除くことで
  シッコは出るようになるかもしれないけど、根本的な治療にはならないこと・・
 ・抗がん剤治療は部位的に効果が期待できず、副作用だけ出てしまう可能性が
  大であること
 ・将来的には安楽死も考えなければならない可能性もあること(←これは
  私がお聞きしました・・先生には厳しい内容も包み隠さず話して頂いてます)


と、こんな厳しい結果になってしまいました。
今現在は、排尿障害がある以外はこれといって目に見える症状は出ていません。
多くのことは望まない・・大吉に酷い痛みや苦しみが出ませんように・・ただそれだけを願ってます。


・・・・まだ つづく・・・・

20080810-1.jpg


(mixi日記より)

×あれから・・

大吉の排尿障害が出始めたのが約1ヶ月前。
あれからも、週に1回くらいのペースで繰り返していました。
ちょっと歩いてみても・・マッサージしてみても・・膀胱圧迫してみても・・排尿誘導のツボを刺激してみても・・何をやっても出ない時は出ない。(涙)
でも、軽い時では2時間もすると普通に出ていたし、長くても半日後には元に戻っていたので、これなら尿毒症の心配も無いだろうと気楽に思っていました。

気を付けたことといえば、一応冷え過ぎは良くないだろうとエアコンを使う時にTシャツを着せるようにしたこと。
それと、尿閉から復活する時に高確率でお漏らししてしまって、大吉ベッドから玄関までシッコロード(笑)が出来てしまうので、サッと受けられるように簡易トイレを用意したこと。
とりあえずこんな感じで、あまり神経質にならずに気長に付き合っていこうと思ってました。

・・・・が、ある日、尿閉から復活した後のシッコの出が悪く、いつもならジャーっと出るのにチョロチョロっと少しだけしか出ませんでした。
「いっぱい溜まってるはずなのに、これはダメだ・・><」と思い、即病院へ走りました。

長くなりそうなので、続きます。


・・・・つづく・・・・

20080810-2.jpg


(mixi日記より)

×川遊び・・~大吉編~

泳いだよ・・

じゃじゃ~~ん♪♪
大吉爺さんも久々に頑張りましたよ・・(T-T) ウルルル


続きを読む

×川遊び・・~もりぞー編~

見よっ!!

見てくださいなっっ!もりぞーのこの勇姿・・・・(笑)


続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。