×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×約束・・

約束・・


背負いきれない荷物が ひとつ・・またひとつ・・と増えていくね。

あの日の約束、私はちゃんと守れているかな。。。。

続きを読む
スポンサーサイト

×1週間経過・・

再び膿尿になってしまった翌日(13日)、病院へ行き先生と話し合ってきました。
結果、抗生剤を注入しても1~2日しかもたないのなら、何度も続けても耐性菌(抗生剤の効かない菌)を作ってしまうだけなので、それこそ腎盂腎炎などもっと深刻な症状の時のために使える抗生剤をとっておきたいのだそう。
この時点での抗生剤の濫用は止めて、今は毎日の膀胱洗浄でしのいでいこう・・ということになりました。

で、あれから1週間1日1回の膀胱洗浄を続けた結果ですが、キレイに治りはしないものの、真っ白に濁る程酷くもなっていず・・という良くも悪くもなっていない状態が続いています。
とりあえずこのまま現状維持していくことに。。。

あと、いっぱい水分摂っていっぱいシッコ採ってバイ菌どんどん流しちゃおう作戦もずっと継続中です。
なので、導尿の回数は1回増えて、1日3回となりました。
でもね、水分を摂るとおもしろいくらい見事にシッコの状態が変わるんですよ。
濁りもちょっと見ただけではわからないくらいにキレイになるし、ニオイもかなり軽減します。
って、水で薄まってるだけなのであたりまえと言えばあたりまえなんですけどね。^^

本当は、大吉の自己治癒力に期待したいところなんですが、もう難しいのかな。。
癌細胞の増殖速度は、高齢であるほうがゆっくりだと言われているけれど、こういう細菌感染などで自然治癒力を求めたいような時にはやっぱり不利なんだろうなぁ。

まぁ、これ以上体力・抵抗力を落とさないように、いっぱいご飯食べて欲しいから、美味しいご飯作りに励みます☆



あ・・それと、先生との話の中で出てきた話。。。
発症時、大吉の膀胱内の腫瘍は尿道の入り口辺りにあって、それが邪魔をしてシッコが出なくなってしまっているのだけれど、その一箇所だけじゃなく膀胱内はすでにいくつか腫瘍の数が増えているだろうとのこと。
この腫瘍が腎臓から膀胱へと続く尿管の出口に出来て塞いでしまったら、行き場の失ったシッコは腎臓で溜まってしまい水腎症となるそう。
そうなると、いくら導尿しても膀胱内はカラなのでシッコは採れず、尿毒症になってしまうらしいです。
先生は、これを一番心配してると言っていました。
手術という手もあるそうですが、勿論根本的な治療にはならず、程無く再発するだろうとのこと。
私達はたぶん手術という道は選ばないでしょう。
どうか尿管を塞ぎませんように・・こう祈るのみです。

なんだか、最後に暗~~い話になってしまいましたが、当の大吉変わらず過ごしています。
食欲モリモリ♪ウンニョも(膿尿だけど)シッコも要手助けですが出せてます♪
毎日短い散歩も行けてます♪私達の食事中のおねだりも健在です♪
もうしばらくこの穏やかな時が続きますように・・☆

20081119.jpg


(mixi日記より)

×悪戦苦闘・・TT

はうぅぅぅ~~~、今朝からまた膿尿になり始めましたぁぁ。(涙)
繰り返してしまうならこれからどう対処していくかが課題となります。
1日1回の膀胱洗浄・・・、とりあえずここらへんから始めてみることになるのかなぁ・・。

すぐに洗浄用の生食を頂きに病院へ行こうかと思ったのですが、今日は病院定休日です。
明日、先生とそのへん相談してきます。
それまでは、いっぱい水分摂っていっぱいシッコ採ってバイ菌も一緒に流しちゃおう作戦でいきます・・・いいのか悪いのかわからないですけど。(^^;)

これが腫瘍からの出血による血尿だったら、悲しいけれど打つ術ナシと諦めもつく(部位的に止血剤が効きづらいそう)けれど、この膀胱内のバイ菌は腎臓の方にまで行ってしまったらマズイですよね。
それって腎盂炎?腎盂腎炎??ってやつになるのでしょうか。(←詳しい方教えてください)
もしもっともっと症状が進んでバイ菌が血液にのって全身に回ったら敗血症???そんな可能性もあるのでしょうか・・これこそ怖過ぎます。
実は、私は生まれてすぐに母を亡くしています、その死因がたぶんコレ・・妊娠中の腎盂炎からの敗血症。
だから余計に考え過ぎてしまいます。うーん

膀胱洗浄だけで上手くいくかはわかりませんが、ここからは手探りで最善の方法を模索していくことになりそうです。
これでダメなら注入薬漬け??う~~ん大吉の体も心配だけど、経済的にもかなり心配です。トホホ・・情けないなぁ。。。


うまくいかないことばっかり考えてちゃダメ!ダメ!!
頑張れ私☆☆☆

20081112.jpg


(mixi日記より)

×膿尿・・(ToT)

8月に膀胱炎を起こして以降は、ずっと順調にキレイなシッコが続いていたのですが、5日の朝から少しずつシッコが濁り出し、急遽6日に病院に行く直前に採ったシッコは透明度は全く無く真っ白になっていました。
そして、膀胱炎の時と同じあのイヤ~な匂いが鼻をつきます。
まだ血は出ていないようだけれどまた膀胱炎かなぁ~と思いつつ、採尿した真っ白なシッコを持って病院へ。。。

結果は、血尿ではなく膿尿。
どうやら、導尿時にチン膿(←男の子と暮らしている方ならわかると思いますが、チン膿自体は病気ではなく普通に出るものです)が膀胱内に入り込んでバイ菌が繁殖してしまったようです。
膀胱洗浄プラスお薬を膀胱内に注入してもらって帰ってきました。
翌朝はキレイなシッコに戻りましたが、夜には濁りはないものの薄っすらまたあのニオイが・・。
嫌な予感的中で、翌々日のシッコはまた膿尿です。
すぐに病院へ行き、膀胱洗浄用の生食とお薬を貰い注入しました。
それから今日で2日目、今のところ若干濁っているけれどもニオイは無し。
まだ良いとも悪いとも言えず様子見です。

細菌感染・・・、導尿を始めた頃から衛生面には気を付けてきましたが、家庭ではやっぱり完全にとはいかないもの。
それでも、今まで大丈夫だったものがここへきて感染を起こしてしまうということは、大吉の免疫力・抵抗力自体が弱くなってきているのかもしれませんね。(涙)

人間の場合、体温が下がると抵抗力が下がるというけど、犬の場合もきっと同じですよね。
ここのところ急に気温が低くなったから、体を冷やしてしまったのかもしれない・・・保温にもう少し気を使わなくては。。
あと、人は笑うと免疫力が上がるそう・・・、犬も同じ???(笑)
とりあえず、ストレスとなるものを極力取り除かなければね・・・。
あ・・・そう言えば、この膿尿騒ぎの前日大吉が久々に濃ゆ~~い食糞(体だけじゃなく顔中ウンニョ色・・涙)をやらかして、ついついピリピリしてしまったっけ。(* ̄□ ̄*;
まさかあれが引き金になってるってことはないよね。
もしそうなら、私の感情に敏感過ぎるぞ・・大吉。。。。いや・・ってか私が悪いのか~。><
癌になる前にもあったんですよねぇ、ちょっと叱っただけでいきなりの下痢P~になったことが。
勿論、病気なわけじゃないので、すぐに元通り。
気をつけよう・・うん。

20081111.jpg


(mixi日記より)

×秋桜・Ⅱ

コスモス畑・・


もりぞー、4歳になりました~~♪

(゛ `-´)/ はい!そこっ!!「もうオッサンや~ん」とか言わな~~いっっ!(笑)

もりぞーは永遠のボクちゃんなのでちゅ。。。(←誕生日なのでバカ親丸出し >▽<)


続きを読む

×秋桜・Ⅰ

花言葉:「美麗」「純潔」「優美」


しなやかな強さと優しさを持ち 清楚で優美 

その姿は 永遠の憧れ・・・


続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。