×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×決断…

決断…


昔、どこかで読んだ言葉…
『飼い主は犬を飼った瞬間から、命の委任状を預かっている』
今、この委任状の重さを実感しています。。





にほんブログ村 犬ブログ ニューファンドランドへ



……………………………………………………………………………………………………

明日、もりぞーの抜糸があります。
その時、今後の方針を先生に告げてこようかと思っています。
断脚手術の時から始めているオゾン療法と、骨肉腫疑惑があがった時から始めている自己流濃厚舞茸スープは(これはおそらく気休めだけどもりぞーが美味しい美味しいって食べてくれるので)これからもずっと続けていく…これはもう決定事項。
私が何をグダグダ悩んでいるかと言うと、抗癌剤を使うかどうかということ。
病気を治すための治療なら、もりぞーの体力も気力もある今、何も迷わず進めたと思います。
でも、今回に関して言うと、これはただの延命治療。
もちろん、功を奏して何年も過ごせている子もいます。
そんな奇跡を信じたい私もいます…でも逆に寿命を縮めてしまうことを恐れる自分もいます。
仮に長く生きられたとしても、免疫力下がってしまって大好きなお外遊びも満足に出来なくなってしまっては本末転倒。。
少しの辛さも無く…というのは無理かもしれないけれど、もりぞーが一番大好きなことを我慢させる日々にはしたくない。
笑顔でいられない日々なら、何年あろうと何の意味も無いのです。
笑顔でいられる日々を少しでも増やせる可能性があるなら、私のエゴであることを承知で可能性にかけてみたい気持ちもあります。
そんなことをず〜っと考えてきた数日間でしたが、今日決めました。
明日、先生にお話してきます。

今日のもりぞーは、お散歩もしたし食欲も花マルだったけど、気のせいかもしれないけどなんとなく元気が無い感じ。
こんなふうに、気のせいかもしれないくらいのスピードで少しずつ弱くなっていくのでしょうか…そう思うと胸が張り裂けそうに怖いです。





にほんブログ村 犬 闘病生活



コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。