×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×これから・・

先生と話し合った結果、手術も抗がん剤治療もせずに腫瘍を大きくさせないと言われている薬(消炎鎮痛系)の服用と導尿でやっていくことにしました。
消炎鎮痛系の薬は副作用として胃を荒らしてしまうので、それを緩和する薬も一緒に飲んでいきますが、そのうち飲ませられなくなるかも・・、導尿ももっともっと腫瘍が大きくなったら難しくなるかもしれない・・、でもそれはそうなった時に考えましょうと言われ、まず家でも出来るようにと導尿のやり方を教わってきました。
病院でも導尿してもらったのですが、1200mlも溜まってました・・よって体重も導尿前に計ったときより1.2kg減り、大吉の体重はついに40kgをきってしまいました。(T_T)

怖くて余命のことは聞けずにいたけれど、先生の言葉の端々から1年とか2年とか年単位ではないことだけはわかりました。
もしかしたら、最終的に安楽死という道も有り得るとのこと。
今からそんなことを考えるなんて酷い飼い主だと思われるかもしれませんが、その頃私達夫婦にはきっと冷静な決断が出来なくなっていると思われるので、獣医の立場から見てその時がきたと思ったら助言して欲しいということを伝えてきました。


先のことを思うと怖いけど・・始まったばかりで心が不安でいっぱいだけど、大丈夫です・・ちゃんと受け入れられてます。
不思議な程冷静に、今私がすべきことは何なのかを考えられます。
今すべきことは、凹んだり悲しんだりすることじゃなく、必要な情報を得て美味しくて体のためになるご飯を作ること・・1日1回導尿してスッキリさせてあげること・・そして出来るだけ一緒に居てあげること。
私の感情(機嫌)に異常に敏感な大吉なので、ここからは笑顔で暮らそう・・そう誓いました。
だから、泣きごと言いたくなったら、ここでだけ泣かせてもらっちゃいますね。ToT

やっと・・やっとこうして文章にすることが出来ました。
嫌な報告になってしまってごめんなさい。。。お付き合いありがとです。<(_ _)>

20080812-1.jpg


(mixi日記より)

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。